保険適用の入れ歯の特徴と費用

bc4c6c9f58747256767267bdecd2a123_s

永久歯が抜けてしまうと、その後に歯が生えてくることはありません。

抜けたままにしていては、見た目が悪いだけでなく、食事の際に噛めなくてこまってしまいます。

そこで、入れ歯を作るということになるのですが、入れ歯には保険適応のものとそうでないものに分けることができます。

保険適応の入れ歯は、一般的なもので、よく作られます。プラスチックの樹脂で作られていて、歯茎の部分がピンク、歯の部分は白になっています。

歯が残っている場合は、支えるための金属のバネがかけられます。

特徴はなんといっても、費用が安いということです。

保険治療では、実際にかかって治療費のうちの3割の負担だけで済むので、歯型を取ったり、作成にかかる治療から出来上がり、調整するまでに1万円もかからないことがあります。

もちろん、残っている歯の状態によっても費用は変わってきます。

 

新宿の入れ歯専門クリニック

 

また、保険適応の入れ歯は最低限度のものなので、樹脂が当たって痛みが出てしまうということがります。

長期間使っているうちにすり減ることもあります。

新宿には、入れ歯を専門に扱う歯科医院があり、このような患者さんの悩みに対応しています。

痛くて噛めないという状態や、浮いてしまうという悩み、装着してもカタカタしてすぐに外れてしまうこともあります。

患者さんのお口の状態に合わせることで、快適で使いやすい入れ歯にすることが十分可能です。

せっかく作ったものを、快適に使える治療があります。

コメントを残す