敏感肌化粧品の化粧下地で肌を刺激から守る?

dollarphotoclub_98485613

敏感肌で困り、普段のスキンケアや化粧品選びにもお困りの方がいるでしょう。化粧水や洗剤、衣服が合わずに赤みがでたりピリピリしたりもしますが、食べ物やストレス、環境の変化が原因で肌に影響がでる方も増えています。

敏感肌化粧品のなかでも化粧下地を選ぶにもいくつかポイントがあります。なかには、敏感肌用のミネラルファンデーションなど、化粧下地が不要なファンデーションもあります。化粧下地が必要かどうかは、メーカー推奨の方法を確認してください。

化粧下地には、紫外線対策が必要なため、UVカット効果があるものを使用しましょう。UVカット効果が高い化粧下地には、肌に刺激が強い場合もあります。成分を確認し、パッチテストをしてから使用してください。

次に、保湿成分が含まれているアクポレスのような製品を選びましょう。乾燥によって角質層のバリア機能が低下し、敏感肌になっている場合もあります。具体的には、コラーゲン、セラミド、グリセリン、スクワラン、レシチン等です。

最後にお肌に合った下地の色を選びましょう。肌色をコントロールし、欠点をカバーするためにコントロールカラーがあります。赤みがでやすかったり、くすみがちな肌をコントロールカラーで整えると良いでしょう。

アレルギー体質が、敏感肌の原因となることもあります。肌をケアするだけでなく体内からきちんとケアしていくことも必要になってきます。普段の食事を整えて、衣服や石鹸、シャンプーなどを変えていくことも敏感肌の対策につながります。

コメントを残す