救命時に大切なAEDは使う側の知識や準備で有効活用できるかが大きく変わってくる

EV185135532_TP_V

皆さんは、AEDという装置を知っているでしょうか。テレビなどでよく紹介されることもある為知っている方は多いはずです。AEDとは自動身体式除細動器といい、心臓に対し電気ショックを与えることによって心臓を復活させる設備になります。

2004年から一般の方でも利用できる設備となり様々な施設で設置されています。公共施設では置いてあることが多く、学校や公民館などは設置がされているはずです。その他に企業などでも消防法の関係で会社にも設置はされているはずです。マンションにもロビーには設置しているところも近年増えてきました。

なぜAEDが必要なのかについては、通常の心臓マッサージでは与えられない刺激を生み出すことができるからです。AEDを使うことで電気ショックが必要がどうかを判断する設備でもあり、本当に心臓に対しショックを行う必要があるか調べてくれます。

AEDの使い方、流れ

その理由により倒れて心臓が動いていないと判断した場合は直ぐにAEDを利用するようにして下さい。使い方についてですが、まず電源を入れます。そのあと付属しているぱっとをAEDのマニュアルにある通りの位置に取り付けます。

つづいて、AEDの解析が始まります。この解析によって患者が本当にAEDが必要かどうかを判断してくれます。電気ショックが必要だと判断された場合ショックボタンを押すことで電気ショックを与えることができます。

電気ショックを与えた後、心臓マッサージを実施します。電気ショックによって心臓が動くきっかけができそこにマッサージをすることで心臓が正常に動くことができます。もちろんAEDを動かす前に救急車を呼ぶようにして下さい。その救急車が来る前にAEDをつかって応急処置をするようしましょう。

このように、AEDがいくら救命に役立つ機器であちこちに設置されているからといっても、使う側が正しい使い方や救命手順を知らないと意味がありません。事前にある程度知識として持っておくことが大切です。

以下のサイトではAEDの使い方をふくめその他色んな基礎知識をわかりやすく解説してきれています。初心者向きなのでぜひ参考にされてみてはいかがでしょうか。

初めてのAED導入!低価格で高品質なおすすめ機種をメーカー別比較でご紹介

 

コメントを残す