目の下のくまを解消する方法?

28c100ff20cb5806edd84c0c4883ff91_s

目の下にできるくまは寝不足だけが原因というわけではなく、解消のためにはくまのタイプに合ったケア方法を実践することが有効となります。

まず血行不良が原因となってできる青くまは、目元を温めるなどして目の周りの血流を改善することがポイントとなります。

目の周りには無数の毛細血管が通っており、また他の部位と比べて皮膚が薄くなっています。冷えや睡眠不足で血流が滞りやすくなると血管が青っぽく透けて見えるようになり、これが原因でどんよりとした青くまができるのです。

入浴時に湯船にゆっくりと使って体を温めたり、目元を温タオルで温めて指先で優しくマッサージをするなどで目元の血流が改善しますので、血流の滞りが原因で目元がどんよりしているという場合にはこれらのケアを試してみましょう。

 

次に、色素沈着が原因で起こる茶くまは美白ケアでメラニン色素を排出させることが唯一の改善方法となります。

目元は皮膚が薄くデリケートであり、外部からの刺激にも弱いという特徴があります。

アイメイクを落とすときに執拗にこすりながらクレンジングしたり、目をこする癖がある人などは摩擦によって目元にメラニン色素が沈着しやすく、茶くまができやすくなります。

メラニン色素を排出させるためにはビタミンC誘導体などの美白成分でのケアが有効ですので、目元専用の美白化粧品などを使用し、気長にケアしていくことで少しずつくすみが取れ、明るい目元へと変化するでしょう。

目の下のクマを取るためにはアイクリームを活用するのも一つの手ですね。今話題のアイキララは効果を実感している方も多いようですので、まずは、そのアイキララの口コミをチェックしてみてくださいね。

 

コメントを残す