花粉症って症状がでない時期はないんでって…ショック…

Dollarphotoclub_33956957

Dollarphotoclub_33956957

 

 

花粉症の時期というと、一般的には春というのが通説になっているようですが、これは日本では圧倒的にスギ花粉による花粉症が多いからです。スギ花粉が飛散する時期が来ると、花粉症の症状がひどくなる人が増えます。実に日本人の花粉症の原因の8割が、スギ花粉によるものだと言われています。

 

しかし、花粉症の原因は、スギだけではありません。スギの後には、ヒノキの花粉が飛びスギ・ヒノキ花粉症、という人もいるそうです。夏には、オオアワガエリやカモガヤによる花粉症、秋にはヨモギやブタクサの花粉症が発症します。そして、冬と言っても、年が明け、新春の頃になるとまたスギ花粉症の症状が現れ始めます。

 

花粉症の時期というものは、こうして見るとあるようでない、ということがおわかりいただけると思います。花粉症の原因となる植物にはさまざまなものがあり、しかも、縦に長い日本では、地域によっても花粉が飛ぶ時期や種類に差があります。

毎年、同じ時期になると、くしゃみや鼻水を繰り返す。アレルギー鼻炎のような症状が出るという場合、花粉症である可能性が大きいと言えますし、症状のでる時期によって、何の花粉に反応しているのか予測が立ちやすくなります。

花粉症は時期に関係なく起こることがわかれば対花粉症予防も考えやすくなると思います。

コメントを残す