30代に多い肌荒れの原因について解説します。

112a669171368e1d2d985179c9315fab_s

30代になると、くすみや毛穴のひらきといった、今までにはない肌悩みが出てきます。20代までは、乾燥やニキビ、毛穴の目立ちといった部分で悩んでいたのに、どうしてこのような肌荒れになってしまうのでしょうか。

まず、いくらお肌をケアしている人でも、30代になると新陳代謝が悪化するようになります。これにより、28日周期だったお肌のターンオーバーが40日になってしまうことも多く、本来であれば剥がれ落ちなければいけない角質がお肌の上に残った状態になってしまい、くすみやシミの原因になります。

また、30代女性に多い肌荒れの原因は、乾燥です。20代をピークにお肌の水分量は減っていきます。うるおいがないお肌というのは、外からの刺激を受けやすく、結果的にニキビにつながってしまうこともあります。また、30代というのは、仕事もプライベートも忙しい時期です。結婚や出産といった人生の節目を迎える人も多く、生活習慣のリズムが変わることで、ホルモンバランスも崩れてしまう人もいるほどです。

食べ過ぎや飲み過ぎといった生活を続けていると、お肌に出やすくなってしまうのも30代です。仕事や生活が忙しいと、つい感じてしまうストレスですが、ストレスもお肌にはいい影響を与えません。肌荒れが気になったら、スキンケアを変える前に、生活習慣を見直して、心と体のバランスがとれているのかを確認しましょう。こうすることで、体の中からきれいになることができます。

元の肌状態に戻すためにも保湿に特化した化粧品に変えることも重要です。今人気のオールインワンゲル、その中でもクレアルならお肌の肌荒れに最適ですね。まずは、クレアルのサイトをチェックしてみてもいいかもしれませんね。

コメントを残す